建物調査・診断の技術

  • HOME
  • 建物調査・診断の技術

あらゆる種類の構造物に対して、最新の技術を駆使して調査を行います。

RC造

調査項目一覧
  • コンクリート配合推定
  • アルカリ骨材反応試験
  • 配筋調査(レーダー法)
  • 鉄筋腐食度調査
  • 鉄筋引張強度試験
  • ひび割れ幅の測定
  • 空洞・不具合部の調査
  • ひび割れ深さの測定(TC-T0法)
  • 圧縮強度試験及び静弾性係数試験
  • コンクリート引張強度試験

主な試験・調査方法

コンクリート圧縮強度試験

コンクリート圧縮強度試験

既存のコンクリートより、コンクリート・コアを採取し、現状のコンクリート圧縮強度を調査します。

ソフトコアリング法による圧縮強度試験

ソフトコアリング法による圧縮強度試験

約25㎜のコンクリート・コアを採取し、圧縮強度試験を実施します。コアのサイズが小径のため鉄筋密集部の調査及び補修が容易です。
「建築学会試験法小委員会報告書」の本文中に試験方法(案)として記述されています。

超音波による強度推定

超音波による強度推定

超音波により、コンクリート内部の音速を測定し、コンクリートの強度を推定します。

コンクリート中性化深さ測定

コンクリート中性化深さ測定

コンクリート切断面あるいは、割裂面にフェノールフタレイン1%アルコール溶液を噴霧し、コンクリートの中性化深さを測定します。

配筋調査(レーダ法)

配筋調査(レーダ法)

電磁波により、コンクリート内部の鉄筋を探査し、鉄筋の位置及びかぶり厚さを測定します。

鉄筋腐食度調査

鉄筋腐食度調査

被りコンクリートを斫り取り、鉄筋を露出させ、鉄筋径及び錆の状況を調べます。

後施工アンカー引抜試験

後施工アンカー引抜試験

施工後に取り付けたアンカーの引抜き試験を行います。

S造

調査項目一覧
  • 鋼材強度試験
    鋼材引張強度試験
    ボルト引張強度試験
    鋼材の硬さ試験

主な試験・調査方法

鋼材の材質確認

鋼材の材質確認

鋼材の電気抵抗を測定し、材質を識別します。
(SS材,SM材)

超音波探傷試験

超音波探傷試験

超音波により溶込み溶接部の欠陥の有無を調べます。

鋼材の肉厚測定

鋼材の肉厚測定

超音波により、鋼材の肉厚を測定します。

実態調査

実態調査

部材サイズ,接合方法を調べます。

その他

調査項目一覧
  • 仕上材(タイル・モルタル・塗膜)付着力診断
  • 水分測定(コンクリート・木材)
  • 温度・湿度測定,解析
  • レンガ試験
    目地剪断試験
    目地引張強度試験
    レンガ単体圧縮強度試験
    レンガ単体吸水試験
    ピン引張強度試験
  • 渦流探傷試験
  • 漏水調査
  • 橋梁調査
  • 下水道施設調査
  • 煙突劣化調査
  • 各種実験

主な試験・調査方法

ドローン空撮調査

ドローン空撮調査

ドローンの空撮映像(可視光写真・赤外線写真)より、建物や構造物を上空より調査します。

火害調査

火害調査

火災により、構造体がどの程度の影響を受けているかを調べます。

振動調査

振動調査

建物や地盤の振動を計測します。データを分析して固有振動等を調べます。

ファイバースコープ調査

ファイバースコープ調査

目視確認できない箇所にファイバースコープを挿入し、内部の状況(空洞等)を確認します。

不同沈下測定

不同沈下測定

レベル計により建物の不同沈下の有無を調べます。

温度・湿度測定,解析

温度・湿度測定,解析

壁面温度、室内温湿度を測定し、結露を調べます。

レンガ試験

レンガ試験

レンガ造のレンガ・コアを採取し、レンガ目地の剪断引張、レンガ単体の圧縮吸水試験等を行います。(写真は、目地引張強度試験)